スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリアンが分冊百科に登場

デアゴスティーニから出ているウルトラマンオフィシャルデータファイル最新号で、ユリアンが2ページにわたって紹介されています。

どうせ目新しいスチール写真も載ってないだろうと買うのが遅れてしまいましたが、実際に読んでみたら、今までに見たことのないスチール写真が!

右拳を高く上げ、左拳を腰に当てた(つまり星涼子がブライトブレスレットで変身する時のポーズをしている)ユリアンを、正面からローアングル気味に撮影したものです。

しかもそのユリアンは青い台のようなものに乗っていて、この台を持ち上げることによって変身・巨大化のシーンを撮影していたのかもしれません。

ユリアンの股間を台の下からドアップで撮れたなんて、当時のカメラマンがうらやましい…!

最近はウルトラ銀河伝説の新しいユリアンばかり注目していましたが、やはり初期ユリアンのむちむちした太ももは最高ですね?。

ユリアンだけでなくストリートファイターの春麗にしろ、デッドオアアライブの霞にしろ、女戦士の太ももは、筋肉と脂肪の相乗効果で健康的に膨れていないといけませんね。

筋肉がなければ戦えないし、脂肪がなければ、すぐにスタミナ切れに陥ってしまう。モデル体型の女戦士とか、ナンセンスで意味がわかりません。むちむちしていてこそ女戦士ですよ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

とあるイベントでのユリアン写真3

この記事はブロとものみ閲覧できます

とあるイベントでのユリアン写真2

この記事はブロとものみ閲覧できます

とあるイベントでのユリアン写真1

この記事はブロとものみ閲覧できます

ユリアン、ベス、母の中の人が判明!

何と全員、同じ女性が中の人を担当していました。小学館から出ている「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE 超全集」の「アクションチーム座談会」によると、山下純さんというスーツアクトレスの方です。顔出しでマザー光線のポーズをしてくれているのが嬉しい。

ユリアンもベスも母も、ハイキックの姿が美しかった理由がわかりました。中の人が同じだったんだ。それでも山下さんによると、『スーツが強制ギブスのようで自分の思い通りの動きができなかったのが悔しかったです』とのこと。あんなにスピーディーに動くベスや母、やられて縦回転するユリアンなんて初めて見たのに。

『純ちゃんは日本で一番巧い女の子ですからね。彼女に女性キャラを演じてもらってファンの方に萌えてもらえればと(笑)』という坂本監督のコメントもありましたが、自分は監督の狙い通りに萌えてましたねw

この超全集はユリアンと母、名無しの女ウルトラ3名を前、横、後ろから撮影した写真もあって、女ウルトラ好きとしてお買い得な一冊でした。ベスは不幸属性を今回の映画で持っちゃったせいか、スチール写真が一枚あるだけでかわいそう(´・ω・`)
プロフィール

ユリファン

Author:ユリファン

写真はすべて無断転載禁止です。

※一部R-18のコンテンツあり。よい子は見ちゃダメです。




カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
最近の記事
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。